EPA

これだけは知っておきたい!EPAの基礎知識:摂取量

EPAは正式名称をエイコサペンタエン酸と言い、不飽和脂肪酸の種類の一つに含まれているものです。脂肪酸には牛や豚などに含まれる飽和脂肪酸と、青魚などに含まれる不飽和脂肪酸とがあり、様々な病気の原因となりやすい飽和脂肪酸とは逆に、不飽和脂肪酸は血液をサラサラにしたり、脳や神経の働きを活発にするといった健康効果があることが分かっています。

 

その中でもEPAは、血液をきれいにする、血圧を安定させる、血管を丈夫にするなど、循環器系に良い影響を与える成分として注目されています。また、アレルギーを抑えたり、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあるため、定期的に摂取することが健康維持につながると考えられているのです。

 

EPAは魚に多く含まれていますが、魚を食べるだけでは一日の摂取量の目安を満たすことはできません。理想とされる摂取量はDHAとEPAの両方で1gとされており、これを魚だけで補おうとすると、毎日何人前もの魚料理を食べ続けなくてはいけないことになるのです。

 

そこで、DHAサプリを併用することが有効的な方法となるわけです。DHAやEPAを主成分とするサプリメントには様々な種類がありますが、ほとんどは一日に必要な摂取量に満たない量に計算されています。DHAやEPAを過剰に摂取した時に起こる体の変化についてはまだあまり研究が進んでいないため、食事と併用する場合はサプリメントを大量に摂取する必要は全くありません。

 

ただし、魚が嫌いでほとんど食べないという方は、それぞれのサプリメントの成分含有量を比較してみるのもよいでしょう。大抵のサプリメントはDHAとEPAの両方を使用していますが、製品によってはEPAの方が量が多いものもあります。

 

特に血液に関する病気を予防したいという目的で摂取するのであれば、EPAを多く含むサプリメントを選ぶことがおすすめです。また、酸化を防ぐビタミンEが配合されているか、原材料に安全な素材を使用しているかといった点にも注意するようにしましょう。